保育方針 | 社会福祉法人遺徳会|はつがの国際こども園

保育方針

教室

私たちは徳育を中心として、知育・体育・食育並びに国際教育のバランスの取れた教育・保育を通じて限りない可能性を秘めた乳幼児を「健全な心身と豊かな人間性」を身につけた子どもに育て上げます。

1. 健康・安全で幸福な生活をするために必要な基本的生活習慣を養い、健康で明るく伸び伸びした子どもを育てます

1. 集団生活に喜んで参加する態度を養い、家族や身近な人への信頼を深め、自主・自律及び共同の気持ちを持って集団生活に適応できる子どもに育てます

1. 身近な社会生活・生命及び自然に対する興味を養い、自分で考えて行動し、自ら安全な生活ができる子どもを育てます

1. 日常の会話や、絵本・童話等に親しむことで、言葉の使い方を正しく理解し、相手の話をよく聞こうとする子どもを育てます

1. 音楽や身体による表現・造形等に親しむことで、感性と表現力・創造性を豊かにし、最後までやり遂げる子どもを育てます

1. 快適な生活環境を整え、職員との信頼関係を築き、豊かな感性を養い、情操教育を行います

▲ TOPにもどる
Copyright © 2019 Shimadagakuen All Rights Reserved.